top修正3

独自の視点がユニークな書店や専門書店、大型書店。 そこで働くスタッフおすすめの本を聞いてみた。

高知 蔦屋書店

高知県高知市南御座6-10 
088-882-5544
8:00-23:00 
不定休 
hhttps://store.tsite.jp/kochi/

Books
書店さんが選ぶ
書店員さんおすすめの「遊び」の本50


top修正3

高知 蔦屋書店  
児童書・絵本担当 町田 由岐子・奥田 玲恵子

共に高知出身、開業時より児童書と絵本を担当。「地域の“読み聞かせおばさん”から書店員に転身。最近夜のウォーキングをスタート」(町田)「工作好きな一児の母。子どもと一緒に楽しみを見つける日々です」(奥田)

top修正3

ぺぱぷんたす

発行/小学館

想像力を膨らませ、創意工夫しながら紙で遊べる体験型ムック。現在4号まで発行されていますが、どの号も豪華クリエイターの面々が登場。こんなにも紙を楽しめる本があることに喜びを感じるばかり。(奥田)


top修正3

「遊ぶ」が勝ち

著/為末 大 発行/中央公論新社

遊びと人間、文化との関連を説く『ホモルーデンス』と、自身の経験を照らし合わせて考察した著作。遊びにより育まれる人間らしさを思う為末さんの言葉は私たちの日常生活にも通じるものがあります。(奥田)

その他、児童書・絵本担当 町田 由岐子・奥田 玲恵子のおすすめ本

長くつ下のピッピ

著/アストリッド・リンドグレーン
絵/イングリッド・ヴァン・ニイマン
訳/菱木 晃子 発行/岩波書店

「生きてるって、すばらしいわ!」そう言って、日常の出来事を遊びに変える大天才ピッピ。時にお行儀が悪いのもご愛嬌、いつでもピッピはみんなの友だち。ニイマンの挿絵と新訳でお楽しみください。(奥田)

top修正3