top修正3
Working room
仕事場拝見
田島 征三さん

泥絵具でダイナミックに描かれた絵本『ちからたろう』。田島征三さんが47年前に描いた作品が、今でも保育園や幼稚園で親しまれている。今回訪れたのは自然がそのまま残る茂みに囲まれた仕事場。小さな音を立ててベランダに落ちてきた木の実を拾いながら田島さんはゆっくりとした口調で語ってくれた。

田島 征三さんプロフィール

1940年大阪府生まれ。幼少期を高知県で過ごす。1962年多摩美術大学在学中に手刷り絵本を制作。’65年に初の絵本『ふるやのもり』を出版。’69年に『ちからたろう』でブラティスラヴァ世界絵本原画展金のりんご賞を受賞。同年東京都西多摩郡日の出町へ移り、農耕生活を送りながら版画、エッセイ、絵本などを制作。’98年に伊豆半島に移住。自然物を用いた作品を手がけ、フランスほか海外でも出展される。絵本作に『しばてん』『ガオ』『くさむら』など多数。受賞作も多い。また『絵本と木の実の美術館』や『青空水族館』を開館するなど活動は多岐に渡る。

top修正3

田島 征三さん